NSR50 SP12 メカニカルシール交換

東京都F様  NSR50のメカニカルシールの交換になります。
ここは新品にするとかなり抵抗になるのであまりやりたくない場所ですが
放置しておいても少し漏れるとの事ですので今回は新品にしました。



画像


画像


画像

ベアリングを外すと中にオイルシールがでてきます。このオイルシールが抜ける前にはかなり漏れるので
気が付くはずですが中にはオイルシールも抜けてラジエター水がミッションオイルに混ざり大変な事になりますので注意。

エンジンをかけると止まる時がありますが徐々には漏れが多くなります。

古いエンジンや放置時間が長いエンジンは気をつけて見ましょう。


画像


メカニカルシールを取り外し新品のオイルシールを先ず組み付けます。
画像


次いで新品のメカニカルシールを打ち込む訳ですが
これが慣れていないと苦労します。 挙句に組んた後に良く水漏れを起こしますので
これはあまり自分でやらないでショップに任せたほうが賢明かとは思います。意外に値段も高い部品なので・・・。

打ち込み終わりましたらベアリングを入れてシャフトを締めていきます。

画像


名前の通りにウォーターポンププライヤーで挟みトルクレンチで定格に締めます。
ここで適当に組込ますとメカニカルシールが割れたり  走行中にナットが緩みカバーにぶつかり削り惨事になりますので細心の注意が必要です。

画像


組込が終わりましたら 若干慣らしをしてエンジンにケースカバーを取り付けて完成になります。




交換が終わりましたので本日発送します。



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0